プロミスのキャッシングの申し込みをしたいけれど、「審査」に通るか通らないかが不安で、申込みを躊躇している方は結構いるようです。これはプロミスに限ったことではないのですが、そもそもキャッシングの「審査」自体がどのようなものかが公表されておらず、「自社規定」「当社基準」と言う見えないものになっているのが原因ではないでしょうか。

 

審査基準が公表されてない以上、対策もできない訳ですから申し込む前に考えたり不安になっても仕方ないことではあります。通らなかった場合になぜ審査に落ちたのかも伝えないと言うルールになっていることから、「審査」に関しては何も見えない状況ではあります。ただ審査過程で「信用情報」の閲覧が行われていることだけは公然の事実なんです。

 

「信用情報」は申込者本人が自分の情報を閲覧することもできますので、申込み前や、申し込み後に、審査結果に関わらずチェックしてみてはどうでしょうか。開示してみるとわかることなのですが、例えばプロミスに申し込みをしたことが「信用情報」には記録されます。キャッシングだけでなく、クレジットやローンの申し込み記録や、利用状況は全て「信用情報」に記録されるので、プロミスとしても審査において「信用情報」の閲覧をして判断材料にしていると言うことなんです。

 

審査においては「信用情報」の閲覧が肝になっていることは確かですから、通るか通らないかを心配するようでしたら、やはり自分の信用情報をチェックしてみて、まずは自分で「審査」してみると言うのも不安がなくなる材料ではないでしょうか。